« 麦は喜び♪ | トップページ | 小さき生き物 »

2012年12月 9日 (日)

豆脱穀と雪囲い

12月9日(日)朝曇 午後雪

村の積雪もついに50センチを越えました。

これからほぼ、毎日除雪が続くかと思うと・・・。

と思いながら、年越し前には終わらせないといけない作業にこの土日を費やしました。

まずは、豆の脱穀です。

018_r

トラクターに脱穀機をセットして、脱穀開始。

021_r

雪降る前にkiyoさんが収穫をして、村内の農業振興センターにあるビニールハウスで豆がらを乾燥させていたものです。

十分乾燥していたので、今年は豆がらに豆が残る量が少なく助かりました。

026_r

この豆は「鶴の子」という名前で味噌や豆腐だけでなく、煮豆、カレーに入れても美味しいのです。

脱穀終了の後は、最後の懸念事項だった雪囲い。

本来であれば低木の果樹全て雪囲いが必要なのですが、既に雪が積もっており今更掘り起こすのも大変なので、ジューンベリー、リンゴの木だけはなんとしてでも終わらせようと雪囲い開始。

029_r

上の写真はジューンベリー。

次にリンゴの木ですが、一本が昨年の雪の重みでひん曲がっています。

030_r

このままだと来年ますます悪くなるので、側に杭を打ってまっすぐなる様にしました。

034_r

来年こそはいっぱい実をつけて欲しいものです。

 
話題代わり、珍客。

016_r

我が家のデッキにシジュウカラが入り込んで、麦大興奮だったとか。

シジュウカラのお目当てはどうやら・・・

012_r

干し柿だったのかな?

という訳で、渋柿が手に入ったので、kiyoさん一生懸命皮をむいて干し柿製造中。

早く食べたいのですが、まだまだ乾きが足りず、年越しそうです。(noby)

« 麦は喜び♪ | トップページ | 小さき生き物 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578727/56287282

この記事へのトラックバック一覧です: 豆脱穀と雪囲い:

« 麦は喜び♪ | トップページ | 小さき生き物 »