2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

バナー

« アスパラ刈り取り | トップページ | 倉庫窓の雪囲い »

2011年10月30日 (日)

豆脱穀

本日の天気は朝濃霧(視界30mくらい)、その後晴れの小春日和。

先日kiyoさんが刈り取った豆をビニールハウスにほしてありましたが、やっと本日脱穀できました。

豆の種類は手芒(「てぼう」とよみます)、金時、小豆(品種は大納言)、黒豆(品種は祝黒)、大豆(品種は鶴の子)、枝豆(品種は快豆黒頭巾、湯上り娘)。

全て少量ですが手で豆を外すのは大変なので、トラクターに豆用脱穀機(小麦脱穀と兼務しています)をつけて、脱穀開始。

003_r

脱穀機は円筒に放物線を描いたような針金がたくさんついており、ここに豆のさやがあたると、さやが適度にわれて豆が飛び出す仕組みです。

おちた豆は脱穀機の下にあつまります。

004_r

当然豆だけではなく、さや、枯れた葉、土などが混じっており。このあとふるいにかけて本日の脱穀は終了。

まだ畑に収穫しなければいけないものもありますが、この豆の脱穀がトラクターを使う今年最後の作業となります。

あとは畑に残っている果樹の冬囲いや細かい後片付けが終われば、きの実の畑は店仕舞いとなります。(noby)

« アスパラ刈り取り | トップページ | 倉庫窓の雪囲い »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578727/53122333

この記事へのトラックバック一覧です: 豆脱穀:

« アスパラ刈り取り | トップページ | 倉庫窓の雪囲い »